美味しいコーヒーをメーカーで

美味しいコーヒーをコーヒーメーカーで淹れることは難しいことのようにインターネット上では書かれていることが多いように感じます。インターネットで検索していると美味しいコーヒーを淹れるのに一番適しているのはハンドドリップのように書かれていますが、これは素人が淹れるのには非常に不安定な結果しか得ることが出来ないように思います。

コーヒーメーカーで淹れるという選択肢を選んだ場合でも、コーヒー豆を均一に挽くことが出来やすいカット式のコーヒーミルか臼式のコーヒーミルを使うことがベターであると記述しているものをよく見かけます。

我が家のコーヒーメーカーはこのどれにも当てはまりません。ツインバード・コーヒーメーカーのCM-D456というものですが、全自動コーヒーメーカーでミル付なのですが、ミルはプロペラ式です。プロペラ式のミルはコーヒー豆を均一に挽きにくく、コーヒー豆に熱を与えてしまうのでよくないということでしたが、実際のお味はというと非常に美味しいんです。

本当に美味しいコーヒー

ただ、本当に美味しいコーヒーを飲んだことがないんじゃないかといわれてしまうとそうかもしれないんですけどねw。以前はドトールコーヒーのドリップパックのコーヒーを飲んでいました。そして、その前は非常に安い値段でたくさん入っていることが強調されているドリップパックを飲んでいました。

ドトールコーヒーのドリップパックに変えた時に、同じドリップパックでもこんなに味が変わるのかと思いました。ドトールコーヒーさすがだと思いましたね。しかし、今回買ったツインバード・コーヒーメーカーのコーヒーを初めて飲んだ時は、飲む直前でコーヒー豆を挽いたものはこれほど美味しいのかと思いました。

このツインバードの良い点はまずは値段です。非常にリーズナブルです。アマゾンで買うと定価よりもかなり安く買えるので、アマゾンで買うことがおすすめです。そして、全自動コーヒーメーカーだから面倒じゃないです。そして次にお手入れが簡単です。そして美味しい。コストパフォーマンスが非常に高いと思います。

ツインバードの定価

今回はもともとツインバードの定価で予算を考えていて、アマゾンで買うとお金が浮いたのでブリタ-浄水器も同時に購入しました。どちらも非常に満足度の高い買い物ができたと喜んでいます。友人が遊びに来たときなどにコーヒーを淹れてあげると、いつも美味しいなーと驚かれます。

次はこの美味しいコーヒーを会社に持って行きたいと考えているところです。ただ、他にも弁当などでカバンが重いのでどのように合理化していくかが現在の焦点です。

複製・引用・盗用する事は著作権法に触れる事になりますのでご注意ください。
―――― Copyright-All Japan web dwyt-All Rights Reserved――――

アフィリエイト・プロ級ホームページ|イメージ画像

アフィリエイト・プロ|HOMEページ

アフィリエイト・プロ級ホームページ|イメージ画像

主なASP・私の成績

アフィリエイト|具体的なサイト例
様々な視点から見たアフィリエイト
ホームページ情報&アフィリコラム